ABOUT US

「日本で生まれたご飯に合うステーキ」
「ステーキてっぺい」は昭和50年代、創業者国光氏により渋谷区に開店致しました。
その当時お肉といえば焼肉、すきやきやしゃぶしゃぶが主でステーキは高級であったり特別な日と限定されていて、カジュアルに食べる習慣はありませんでした。
もっと気軽にステーキを!という気持ちから、比較的安価な輸入肉を使用し日本人好みの味に調理する事で価格と味の両立を図るメニューを考案致しました。

これが ”一度食べたら忘れられない” てっぺいステーキの始まりです。
お肉はお箸で食べ易い様に一口サイズにカットする事とし、調理には旨みが流れ出ない工夫とガーリックバターによる衝撃の味付けはてっぺいならではの”ステーキの一皿”です。

すべてはご飯にあうように。
それぞれのステーキソースは日本酒と醤油ベースとし、お米の選定、炊き加減も固めに仕上げております。
いずれも”ステーキon theライス”でお召し上がり頂く為の創意です。
とてもシンプルな構成ですが 「ご飯に合うステーキ」として多くのお客様にご支持頂いているメニューです。
忙しく働く皆様へのガッツリ食べる勝負飯として、 これからも皆様に愛されるお店づくりを目指し精進致します。

てっぺいの一皿は無限大∞

てっぺいのステーキ旨みはバランスと足し算!
お肉は特製のワインソースとガーリックバターにより味付けされます。
特製の赤ワインソースは華やかな香りと程よい酸味はガーリックバターにコクを与えます。
焼きあがったお肉に絡んだガーリックソースは食欲を誘う一皿となります。

お好みのソースとトッピングを組み合わせることであなた好みのオリジナルの一皿を作ることができます。

てっぺいの一皿
オリジナルソース

味の決め手は伝統のオリジナルソース

ソースは日本酒をベースにし、かつ日本人には馴染みある醤油を基本としています。
日本酒ベースによるコクと香りは原材料が同じによる相性の良さです。
自然とご飯がススんでしまう理由です。

ニンニクのソフトクリーム

サラダはシンプルなキャベツの千切りにクリーミーなドレッシングソースが特徴です。
きゃべつの甘みとクリーミーとは対極なニンニクの辛味の組み合わせが特徴です。

サラダ
ステーキてっぺい指南書

初めての方には

おひとりで気軽にステーキ定食でお食事いただけます。
また、みんなで賑やかに肉会するならこちらから。

INFORMATION

フェイスブック

ツイッター

インスタグラム